SHARE&SHARE

【様々な人に出逢える】シェアハウス経営を知ろう

新しいスタイルです

共同で住むということ。

男の人

現在は、下宿という形で部屋に住むというスタイルは少なくなっていますが、それでも安く部屋を借りたいという人は減ってはいません。そんな人たちのために、シェアハウスという形態が増えています。シェアハウスという形態は欧米では一般的でしたが、日本では近年になって本格的に導入されてきています。家族でも友人でもない人たちが共同で1つの家に住むことになるので、お互いに気持ちよく住むためにはある程度のルールを決めておく必要があります。シェアハウス経営での成功は、このルール決めにあるといっても過言ではありません。まず、男女共用にするのか、男性専用又は女性専用にするのかを決めておきます。もちろん、男女共用にした方が入居希望者が増えますが、その分しっかりとルール決めをする必要があります。女性専用にすると、女性が安心して住むことができます。女性が多い街であれば女性専用だとアピールした方が入居希望者が多くなる可能性も高いです。趣味や趣向が違う人たちが住むことになりますが、生活スタイルは似ている方が管理がしやすいです。また、掃除や食事に関して住人たちの責任にバラつきが出てしまうと不平不満が溜まりやすくなってしまいます。1つのトラブルが原因でシェアハウス経営が失敗することもあるので注意しなければなりません。シェアハウス経営ではコンセプトを決めておき、外観や内装からもそのコンセプトを分かりやすくすれば、生活スタイルの似ている人たちを集めることができます。また、いくら共同で住むといっても、現代の人が住みやすいようにトイレやお風呂は個別にしておくことをおススメします。シェアハウス経営では外国人も相手にする機会も多くなるので、日本の風習だけでなく諸外国の風習にも対応できるようにしておきます。

シェアハウスの特徴

マンション模型

シェアハウスは家賃の相場が安くてプライベート空間は個々に用意されているものの、共有部分のスペースとそこにある家電などはシェアハウスに住んでいる人全員で共有します。利用者からすると家賃の相場が安いのが魅力です。また、シェアハウス経営するオーナーから側であっても、同じ規模の住宅を一人の人に賃貸で貸してしまう場合に比べて利益が逆に大きくなるメリットがあります。さらに一つの物件を一人の利用者に貸してしまうと、その利用者が退去すると次の入居者が見つかるまでの間は、収入がまったく入らなくなります。しかしシェアハウスでは、複数の人に一つの物件を貸す形になるので、一人や二人退去者が出ても次の入居者が見つかるまで、家賃収入がまったく無くなるという事はありません。そのためシェアハウスは、特定の人に貸すよりも空室リスクが低いと言えます。シェアハウス経営が他の賃貸経営と比べて大変なのは、複数の人に一つの物件を貸すので入居と退去の頻度が高くなり、手続きの手間がかかる事です。さらに共有部分の家電などの設備に不具合が出れば対応しなくてはなりませんが、全員で共有するので寿命も短くなるので対応する頻度は高くなります。シェアハウス経営をする時の管理業務は必ずしも自分で行う必要はなく、管理会社に管理業務を委託する事もできます。委託契約をした時の手数料などは業者によって違いがあるので、シェアハウス経営の管理委託をする時は、複数の業者を比較して慎重に検討すると良いです。

防音工事や設備の充実

通貨

シェアハウスとは、複数の人で借りて共同生活をするタイプの賃貸住宅です。たとえば間取りが2LDKのシェアハウスの場合、2人で一緒に借りることができます。そして2部屋をそれぞれが1部屋ずつ利用し、リビングとダイニングキッチン、バストイレを共同で使うのです。個々が1LDKの賃貸住宅を借りる場合と比較すると、費用負担が少なめになることから、シェアハウスには高い需要があります。そのため昨今では、このシェアハウスを利用した不動産投資もさかんに行われるようになっています。1LDKを2部屋購入して2人に貸すよりも、2LDKを1部屋購入して2人に貸す方が、負担額が少ない分、利益率は良くなります。そのためシェアハウスは、資産が少なめという人や、効率の良い不動産投資を希望する人から注目されているのです。また、シェアハウスによる不動産投資には、家賃収入が0円になるリスクが少ないというメリットもあります。全員が退去しなければ空室にはならないので、たとえ何人かが退去しても、貸主にはある程度は家賃収入が入ってくるのです。ただし、入居率を高めるためのある程度の先行投資は必要となります。特に重要とされているのは、プライバシー保護のための、各部屋における防音工事です。もちろん見た目の美しさも大事なので、クリーニングや内装リフォームにも力を入れる必要があります。さらに共同で利用できる洗濯機や冷蔵庫などの家電を備え付けにすると、入居率は一層高まりやすくなります。こういった、シェアハウス投資における初期費用は、1平米あたり10万円が相場となっています。

収益性の高い不動産投資

マンション

シェアハウス経営は、物件内の複数の部屋を一部屋ずつ住人に貸し出します。貸し出す部屋が増えることで、大きな収益を期待できる不動産投資です。また、空室が出た場合でも、他に住人がいるので家賃収入は安定します。このことは家賃を低くすることを可能にし、住人の募集が容易になるというメリットをもたらしてくれます。

もっと読む

新しいタイプの賃貸住宅

お金を数える人

シェアハウス経営は新しい形の不動産活用として注目されている賃貸経営法です。シェアハウスは共同生活の新鮮さから若者を中心に人気の高い賃貸住宅であり、設備や運営方法の工夫によって高い利益率が期待できます。

もっと読む

空き家を利用した投資方法

マンション模型

空き家が増えており、処分に困っている人がたくさんいます。1つの考え方としてシェアハウス経営が注目されています。1つの家に複数の部屋があり、それぞれの家賃収入が得られます。女性専用のシェアハウスにすれば風紀上も安全です。目的を持った人のためのシェアハウスなら、空室が出るリスクを減らせます。

もっと読む