SHARE&SHARE

【様々な人に出逢える】シェアハウス経営を知ろう

空き家を利用した投資方法

家賃収入の総額が増える

マンション模型

少子化の影響で全国的に空き家が増えています。大きな空き家の場合、所有しているだけで固定資産税がかかります。取り壊すにしてもかなりの費用がかかります。そのような大きな空き家を再利用する試みとして注目されているのがシェアハウス経営です。シェアハウスというのは1つの家に複数の住居人がそれぞれの部屋で暮らす形態です。リビングやキッチンやトイレなどが共同になっており、プライバシーは守られるようになっています。多いのが女性専用のシェアハウスで、1人暮らしが不安な女性に人気があります。大きな空き家を持っている場合はシェアハウス経営がおすすめです。最大のメリットは物件の収益性を最大限に高くできるという点です。1軒の家を1人に貸せば1人分の家賃ですが、シェアハウス経営なら部屋の数だけ家賃収入が得られます。多くのシェアハウスは女性専用になっているので、男女の風紀が乱れるといった心配もないのです。また今では色々な形態のシェアハウスがあります。例えば絵描きを目指している人たちが入居するシェアハウスといったように、同じ趣味や目的を持った人たちのためのシェアハウス経営ができます。このような目的が同じ人たちのためのシェアハウスは、空室が出にくくなるというメリットがあります。賃貸経営のリスクは空室が出ることなので、その点でもシェアハウス経営はリスクの小さい賃貸経営といえます。もし処分に困っている空き家があるなら、シェアハウス経営を考えるという選択肢もあります。老後の安定した生活を維持するにも向いています。

リスクの少ない不動産投資

握手

最近人気の不動産投資はなんといってもシェアハウス経営です。一棟アパート・マンションを購入するより敷居が低く、ワンルームマンション・一軒家よりもリスクが少ない魅力的な物件になります。シェアハウス経営にはメリットはたくさんあります。一つ目のメリットは一軒家を購入し、軽いリフォームのみで始められることです。綺麗な物件ならすぐにでも始められる可能性もあります。二つ目のメリットはリスクが少ないことです。シェアハウス経営は一軒家を数人に賃貸します。もし4人で貸していたのなら、1人と契約が切れても3人分の家賃収入を確保することができます。ワンルームマンションには到底できないことですし、一軒家を1人に賃貸するより遥かにリスクが少ないです。三つ目のメリットはシェアハウスを探している人が多いことです。特に若者に人気があります。また学生から社会人まで幅広い年齢層がシェアハウスに魅力を感じています。四つ目のメリットはシェアハウスに入居したい人は常識的な人が多いことです。人との繋がりを求めていることもあり、コミュニケーション能力も高いので、家賃滞納などのトラブルになることが比較的少ないです。シェアハウス経営にはもちろんデメリットもあります。それは入居者同士のトラブルがあることです。他人同士で一緒の家に住むわけですから、ギクシャクし始めるとどうしようもない事態になってしまいます。また、入居者同士が仲が良すぎ、騒音トラブルとなる可能性もあります。しかし、これらのデメリットはあってもシェアハウス経営は魅力的な不動産投資です。

需要が高いです

インテリア

シェアハウスとは自分用の部屋だけを確保して、他のキッチン、トイレ、お風呂場などを他の居住者と共有する賃貸住宅のことです。完全な1人暮らしでもなければ共同生活でもない新しい生活スタイルです。近年若い人を中心にしてシェアハウスの需要が高まってきていて、それに応じてシェアハウス投資をする投資家も増加しています。シェアハウス投資が不動産投資の中で人気が高まっているのは、シェアハウスを利用する人が増加していることが要因ですが、その背景には非正規雇用者の増加が挙げられます。近年は雇用形態が大きく変化していて、女性の約半分が非正規雇用です。このような人たちは従来のアパートやマンションの場合にはすぐに生活必需品を取り揃えることは困難です。そのため、共有することで初期費用が抑制できるシェアハウスを利用する人がどんどん増加しているのです。また、シェアハウスは専門の管理会社が一括管理するため、何かトラブルが発生しても投資家は安心していられます。さらに、入居にかかわる手続きが簡略であったり、部屋がシンプルなデザインなので、若者を中心にシェアハウスニーズが高まっています。このような背景や理由がありますので、シェアハウス投資に乗り出す人々が多くなっているのです。不動産投資において空室リスクはもっとも避けたいものです。入居希望者が多ければ多いほどそのリスクは低減できます。興味がある人は一度試してみるといいでしょう。