SHARE&SHARE

【様々な人に出逢える】シェアハウス経営を知ろう

新しいタイプの賃貸住宅

若者たちの間で人気上昇中

お金を数える人

低金利下での資産運用や老後の生活資金獲得などを理由として、賃貸経営を始める人が増えています。賃貸経営といえば、これまではアパートやマンションなどが主流でしたが、これに加えて最近は新しいタイプの経営法も注目されています。それがシェアハウス経営です。シェアハウスは、通常のアパートやマンションに比べると共用スペースの割合が非常に大きい集合住宅です。入居者にはそれぞれ個室スペースが割り当てられますが、キッチン・バス・トイレなどは共有となり、家事などを分担しながらゆるやかな共同生活を営みます。ドラマや映画の舞台になったことなどもあり、シェアハウスは今、主に若い人の間で人気が高まっています。シェアハウス経営は、将来性の高い不動産活用法であると言えます。その特殊な利用形態から、シェアハウス経営にはアパート・マンション経営とは違った独自のノウハウが必要となります。一般の集合住宅に比べると人間関係のトラブルが起きやすいですし、共用スペースは損耗度合が激しくなります。そのため、専門の管理業者に管理・運営を委託する必要があり、維持コストは割高となります。しかし、その一方でシェアハウス経営には、個室スペースが小さくても構わないため部屋数を増やせる、旅行者などにも開放することで回転率が良くなるといったメリットがあります。大部屋を設置したり、オーナールームを作って自身も共同生活を楽しんだりなど、多彩な活用法が可能です。

誰にでも始められる投資

集合住宅

多くの投資の中でもここ最近人気を見せているのがシェアハウス経営です。不動産を利用しての投資といえば、アパート経営やマンション経営が有名ですが、シェアハウス経営を行う方が増えているのはその他の不動産投資よりも収益性が高いという特徴にあります。シェアハウスはリビングやキッチン、浴室、トイレなどの設備を共用で利用することになるため、その分部屋数を増やすことが出来ます。そのため同じ広さのアパートやマンションよりも多くの収益を見込むことが出来ます。そして、浴室やトイレを一部屋一部屋に設けなくてもよいということはその分建設費用を抑えられるので、初期費用もアパートやマンションよりも安くすることが出来ます。また、シェアハウスは空室リスクに強いという特徴もあります。シェアハウスは複数人での入居となるため、その中の誰かが退去してもその他の人たちが借りている限り家賃収入を確保することが出来ます。アパートやマンションを利用した不動産投資の場合と比べて入居者がゼロになってしまうという状態が起こりにくいので、専門的な知識や経験がなくても誰でも始められます。こうした特徴に加え、シェアハウスの利用者が年々増加しているというのもシェアハウス経営が多く利用されている理由です。シェアハウスはアパートやマンションなどの賃貸物件と比べると賃料が安めに設定されていて、保証人不要、外国籍可などその他の条件も緩めになっています。そうした借りやすさから今では年齢、性別問わず多くの方がシェアハウスを住居に選んでいます。このようにシェアハウス経営はその他の投資と比べてメリットとなる特徴があり、今では数ある投資の中でも注目と人気を集めています。

一連の運用流れとは

女の人

数年前からシェアハウスへの関心が高まり都心部を中心に多くのシェアハウスが新たに誕生しています。都心部にワンルームを借りると家賃が高く、人気のエリアとなればさらに家賃相場が高くなってしまいますが、シェアハウスを借りる事で毎月の家賃を大きく抑える事に繋がります。そこでシェアハウスのための投資を行う人も増え、空いた物件をシェアハウス投資に変える事も可能です。まず、物件をシェアハウス様にリフォームしたり、内装や外装を変えるとより入居者を集めやすくなります。若い人を中心に人気を集めているため、都会的で見た目がおしゃれな部屋が特に人気となっています。部屋の準備が出来たら後は入居者を募りますが、不動産業者へ入居者を募ってもらうと良いでしょう。シェアハウスの場合、部屋数が多い分家賃収入がゼロになる確率が低くなります。投資をする上で収益を得るためには家賃収入が非常に重要となりますので、より空室率を下げ、かつ長く住んでもらえる様な部屋作りが必要となります。投資に特化したい人は、日々の管理業務を一括で外注する事も出来ますので、管理会社への委託も検討してみても良いでしょう。シェアハウスは複数の見知らぬ人が同じ家に住むため、その物件独自の規則やルールを決めておいても良いでしょう。共有部分の使い方から、ゴミの出し方、そして部屋の騒音など住人がより安心して、快適に暮らせる様なシェアハウス作りも重要となるでしょう。