SHARE&SHARE

【様々な人に出逢える】シェアハウス経営を知ろう

収益性の高い不動産投資

家賃の引き下げが鍵

マンション

シェアハウス経営は、マンションや戸建て住宅、昔は寮として利用していた物件にある部屋を複数の人に貸し出して賃貸経営を行います。シェアハウス内は、プライベートが確保された完全個室の空間があり、キッチン、トイレ、浴室、リビングなどは共有となっています。このリビングで、住人同士のコミュニケーションを取り触れ合えるというのがシェアハウスの最大の魅力です。シェアハウス経営は、会社が行っているだけでなく、個人で物件のオーナーとなり運営している場合も多いです。物件の管理は、一般のマンションやアパートと同じように管理会社へ委託が可能です。個人で物件の管理をしている方もいますが、管理会社に委託している方もたくさんいます。ですので、本業を持っている方でもシェアハウス経営を安心して始めることができます。シェアハウス経営は、収益性の高い不動産投資です。区分けマンションや一軒家の場合は、部屋を貸し出すときは一人の住人に対して物件を貸し出すことになります。しかし、シェアハウスでは、ひとつの物件にある部屋を1つずつ貸し出すことができます。このため同じように賃貸物件でも、大幅に収益の増加を見込めます。また、シェアハウス経営で複数の部屋を貸し出せるということは、収益の安定性をもたらしてくれます。一部屋空室ができたとしても、他の部屋に住人が入居していれば大きく家賃収入は大きく落ち込むことはありません。さらに、シェアハウス経営では、収益を多く見込めるため家賃を通常のマンションやアパートよりも安く設定できるというのもメリットです。家賃を安く設定することで、入居者を募りやすくなります。

家賃収入が増える

婦人

シェアハウス経営のメリットは1軒の家を複数の人に貸せることです。部屋の数だけ家賃が入ってくるので、1軒の家を1家族に貸すよりも高い賃料が見込めます。また常に誰かが入居している状態になるので、空き家になるリスクがなくなります。1軒家だけではなくアパートやマンションをシェアハウスにしているオーナーもいます。アパートやマンションは各部屋にキッチンやバスルームがありますが、シェアハウスとして建てる場合には1ヶ所だけに作れば良いので建築費用も抑えられるだけではなく、維持やメンテナンス費用も安くなります。シェアハウス人気は年々高まっている為、シェアハウス経営を始める人も増えてきました。より多くの入居者を集める為には魅力あるシェアハウス作りをする必要があります。どういった人をターゲットにするかによって、部屋のインテリアや用意する設備が変わってきます。また管理の事も考えなくてはいけません。特に共用部分の掃除は入居者同士のトラブルの原因になることも多いので、清掃サービスを行うようにした方が良いでしょう。シェアハウス経営は賃貸住宅経営とはまた違ったノウハウが必要です。より楽にシェアハウス経営をするにはシェアハウス専門の管理会社を利用したり、サブリースを利用する方法もあります。管理会社に委託すれば清掃やメンテナンスなどをしてもらうことができます。またサブリースを利用すれば入居者募集から運営まで全て任せることができるだけではなく、家賃も保証してもらえるので安定した収入が見込めます。

共同住宅を運営する利点

ウーマン

不動産投資といえばアパートやマンション経営が一般的でしたが、今最も注目されているのがシェアハウス投資です。シェアハウスというのはキッチンやトイレやバスを共有しながら、複数の入居者が生活をする共同住宅のことです。若い世代でシェアハウスを利用する傾向が高く、特に20代から30代前半の女性利用者が多くなっています。これから不動産投資をするなら、シェアハウス投資に注目すべきです。なぜシェアハウス投資がおすすめかというと、共同住宅なので常に複数の入居者を確保できるからです。一般のアパートやマンションよりも空室率が低くなるので、安定した家賃収入を得られます。またキッチンやバスやトイレを共同利用するので、そのための設備コストも縮小できるメリットがあります。シェアハウスは若者や女性に人気があるので、入居者を集めやすいという点も投資には適しています。シェアハウスの利用者が増えているのは家賃が安いという理由もありますが、共同生活をしたいというニーズに対応できるからです。家賃が安くてもニーズを求めて常に入居者が集まるので、収益は安定します。シェアハウスは共同生活になるので管理面が大変だと思われがちですが、対策として一室を管理人用にすればいいのです。管理人が常駐するので、居住者へのサポートや管理も行えます。オーナー専用の部屋にすれば、自分の住む場所も確保できるというメリットがあります。シェアハウス人気はこれからも広がるので、注目すべき不動産投資法です。